上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このライトノベルがすごい!2011このライトノベルがすごい!2011
(2010/11/19)
『このライトノベルがすごい!』編集部

商品詳細を見る



::: 書評・ガイドブック ::: ★☆☆☆☆


2011年版です。
個人的に見所が『ジャンル別ガイド』しかない本誌。
パッパッと掘り出し物を探せるので楽っちゃ楽ですけどね。

なかなかラノベを読む機会がなくて、積読本ばかりがエベレストになりつつある。
ここ数年忙しくて、一般書(?)すらまともに読めてないので、なかなか手が回らないです。
ラノベ界のレベルも上がってる模様ですし、たまには毛色の変わった本を読みたい。
ただ、内容はともかく、キャラとかイラストレーターに個性を感じられないのが面白くない。
どれもこれも似たようなキャラ、区別がつかないイラストと。。。
そう思ってるのはわたくしだけって話かもしれないが。。。
ジャニっ子たちが誰が誰やでと判別不能な年齢ですしね。( ´ロ`)
ジブリの王様・宮崎駿も、声優の声がどいつもこいつも型にはまっていて同じでつまらないから、俳優を使ってるとかなんとか言ってたのと同じやつですかね。
いろんな意味で、萌え~な作風は、もうお腹一杯です。
渋く、塩辛みたいなの食いたいなぁ。(n'∀')η













※ これ以降ネタバレしてます。































2011年度版のジャンル別ガイドより読んでみたい作品は以下の通り。


・「蒼空時雨」シリーズ ::: 綾崎隼

・ミネルヴァと智慧の樹 ::: 浅生楽

・ハムレット・シンドローム ::: 樺山三英

・殺戮ゲームの館 ::: 土橋真二郎



どれも謎解きミステリものです。
昨年度が結構掘り出し物があっただけに、ぼちぼちというところでしょうか。

今更だけど、『デュラララ!!』と『とある魔術の禁書目録(インデックス)』なる作品て、面白いんですかね?
ちょっと興味はあるんですが、巻数がすごくて手が出しにくい。。。(笑)

















(  ゚_ゝ゚) { ラノベ作家の名前は変換がムズい。。。








スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 snook. de book, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。