上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格ミステリー・ワールド2011本格ミステリー・ワールド2011
(2010/12/18)
島田荘司

商品詳細を見る



::: 書評・ガイドブック ::: ★★☆☆☆


2011年版です。

ウェイトの軽いランキング本から、かなり逸脱した玄人向けの書評・評論本として定着した本誌。
もはや専門書の趣です。(笑)
ただのミステリ好きにはちょっとヘヴィーで、お腹にもたれます。(´~`)
それと、評論やエッセイがコラムっぽく細かく挿入されているので、ちょっとチマチマし過ぎて、うるさく感じる。
一冊にいろいろと入れたい気持ちもありますが、企画をもうちょっと絞った方がいいような気がします。


本誌の目玉は、『本格ミステリー・ワールド・スペシャル 刊行・座談会』につきますね。
あと、『デビュー作家 私の履歴書』と『私のお勧め本格ミステリー』も良かったです。
これから読もうと思う作品についてとても参考になりました。




















※ これ以降ネタバレしてます。





































2011年版、黄金のミステリーは以下の通り。


・『武家屋敷の殺人』小島正樹
・『水魑の如き沈むもの』三津田信三
・『キョウカンカク』天弥涼
・『写楽 閉じた国の幻』島田荘司
・『小鳥を愛した容疑者』大倉崇裕
・『隻眼の少女』麻耶雄嵩
・『ボディ・メッセージ』安萬純一
・『太陽が死んだ夜』月原渉



黄金のミステリーの中では、『武家屋敷の殺人』しか読んでないですね。
けど、黄金のミステリー。。。ですかね? ま、いいや。(笑)

島田御大先生、三津田信三はいないと変。。。な本誌ですが、ここに麻耶雄嵩が今後常連として加わりそうですね。(笑)
2011年版はお初の作家さんが多い年という感じです。
個人的には、『キョウカンカク』くらいですかね。。。発掘本は。
















(  ゚_ゝ゚) { “福ミス” プッシュしますね。。。







スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 snook. de book, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。