上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木製の王子 (講談社文庫)木製の王子 (講談社文庫)
(2003/08)
麻耶 雄嵩

商品詳細を見る


木製の王子 (講談社ノベルス)木製の王子 (講談社ノベルス)
(2000/08)
麻耶 雄嵩

商品詳細を見る



::: ミステリ ::: ★☆☆☆☆


えーと、えーと、うーんと。。。つ、つまんねぇ~(つд`)
こんな感想しか書けない。。。どうしましょ。(笑)


はい、多分、本格ミステリとしては秀作なんでしょうね、きっと。
というのも、序盤から読む気が失せる展開(誰も死なない)、人死に出たっ!と思ったら、めちゃくちゃ合理的というか、数学の文章問題的なアリバイうんぬんの状況説明。。。(゜ロ゜)
もはや、読了するのが拷問に近い本でした。(笑)
あのアリバイの件、ちゃんと読んで理解して読み進んだ人いんのかね?
編集者の方は御苦労さまとしか言いようがない。


何にせよ、肌に合わないなぁ~
あと著者の本は2冊ほど残ってるんだよなぁ~
憂鬱だな。。。(´~`)


















※ これ以降ネタバレしてます。































良いところを必死に探した結果、“聖家族”の謎とか、家系図を利用した発想は斬新なんじゃないかと思います。
ただ個人的には、わたくしは著者の感性にはついていけないボンクラっすけどね。(´ヘ`)


腑に落ちないのが、如月烏有の存在。。。
彼のバックグラウンドとか、エピソードが描かれていたけど、彼は物語上いてもいなくてもどうでもいい感じだったんですが。。。
何か意味があったのかなぁ~?
他の作品とリンクしてるとか?













(  ゚_ゝ゚) { 『TVドラマの家族の特徴は? 答えは、顔が似ていない、だ』 わかってるはずなのに気付かない。。。







スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 snook. de book, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。