FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガ嫌韓流 マンガ嫌韓流
山野 車輪 (2005/07)
晋遊舎
この商品の詳細を見る


::: 評論 / コミック ::: ★★☆☆☆


期待していたよりも評価は低い。
まず、マンガのくせして、画力も表現方法もなってない。
石原都知事の顔も似てるような、似てないようなで微妙だしなぁ。(´ー`)┌
俗に言う “萌え” そうもない登場人物のプロフィールとかあるのもいただけない。
結局は、難しい言葉は出るし、セリフや説明が長いので、マンガにしなくても良かったんじゃないの? と思いました。
本を読まない人達に読んで欲しかったという意図はあるんでしょうが。。。


中身に関しては、恥ずかしながら日本の歴史も、韓国の歴史も、詳しく知らないので、なんとも言えませんが、書かれていることが事実とするならば、よくもまぁ、これだけ過激に書いたもんだ。
もちろん日本にとって有利な資料、情報を元に書いているのだと思いますけどね。
そのせいか、内容の99%が日本優位です。
韓国人たちの反論は、容赦なくたたっ切っている上に、感情的で、非論理的な、おバカな韓国人ばかりをチョイス。
こんなバカな人達と、対等に議論するという設定自体がありえないと思う。
まぁ、 “嫌韓流” というタイトルだから、それもありなんでしょうけど。
対抗して、 “嫌日流” ってのが出版されないかなぁと期待してます。


本作を100%信じちゃうわけではもちろんないですが、それでも、韓国に限らず、北朝鮮、中国の体質というのは、執念深く、許すという事を知らず、島だろうが、原油だろうが素知らぬ顔して何でも盗む、コソ泥のような人種なんだろうなと思う。
もちろん全ての人達がそうではないが、保守的というよりは、閉鎖的な国という印象は多分にある。
偏見だとか、差別だと思う人はそう思ってくれてもかまわない。
わたくしは戦前の人間でもなけりゃ、戦争も知らない、けど、この三国に良い印象なんぞありゃしない。
家庭でも、学校でも三国を否定するような教育は受けてこなかった。
でも、悪い印象しか持たないのは、事あるごとに、反日を掲げる彼らの行動がそうさせるのだと思う。
以前にも書いたことがあるが、韓国、北朝鮮、中国は、永久に日本に対して謝罪と経済的支援(金)を要求してくることだろうが、彼らと正面から向き合っても、日本にとって理解も、得られるものも無いでしょうね。
いつまでもボウフラがわきそうな川の淀みにい続ける彼らと、流れに身を任せても進んでいこうとする日本とでは、温度差がありすぎる。
日本はアジアの狭い部分だけに囚われず、日本人はもちろんのこと、世界にも、
もっと日本の姿を主張するべきだと思う。
日本の罪はあまりにも無言でい続けたことだ。
未来に向いて進むべきだと思う。





(  ゚_ゝ゚) { 『知れば知るほど嫌いになる国、それが韓国なんだ・・・』 知らなくてもね。。。





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 snook. de book, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。